【ふふ家事】メニューの固定化で料理はもっと時短できる!

家事

毎日の食事は、料理を作るのも大変ですが
メニューを考えるのもけっこう頭使いますよね。

栄養バランスを考えて、似たようなメニューが続かないよう気をつけて、
冷蔵庫の中身とも相談しながら・・・

料理する前からメニュー考えるだけで疲れる!!!!

ってなるんですよね・・・。
そこで、わが家では
作る料理を固定化し、「メニューを考える」ことをなくしました。

万能メニューを数種類、ルーティーンで回していくだけなので
毎日何を作ろうか悩む必要がなく、料理も買い物もめっちゃ楽です。

今回は、簡単美味しく作れて栄養バランスが取れ、
かつ、飽きの来ないメニュールーティーン
をご紹介します!

飽きずに美味しい「メニュールーティーン」とは?

わが家のメニューはこんな感じです。👇

・野菜スープ
・野菜カレー
・野菜炒め
・具だくさんみそ汁

「ずっとこのメニューの繰り返しじゃ、いくらラクでも
飽きてくるんじゃないの・・・?」と思われるかもしれませんが
ちょっとしたポイントを押さえれば、飽きずに美味しくメニューの固定化ができます。

メニュールーティーンのポイント
  • 季節によって具材を変える
  • 和洋中の変化でめりはりをつける
  • どれも具だくさんにする

順番に見ていきましょう!

季節によって具材を変える

メニューを固定化すると味もいつも一緒になりがちですが、
中身の具材を変えるだけで味や風味が変わり、違ったおいしさが楽しめます。

例えば、カレーを作るにしても
夏野菜が安ければトマトを多めの、ナスやピーマンを加えた夏野菜カレー
🍆 🍅
ばら売り野菜が安ければジャガイモ、玉ねぎ多めの定番カレー
🥔
秋になってカボチャが出始めたら、ジャガイモの代わりにカボチャを使った甘いカレー🎃
などなど。

季節の野菜はスーパーでも安く売られ、しかも美味しく栄養価も高いんです!
スーパーでその時に見つけた安い野菜を組み合わせればいいだけなので
特に悩むことなく味変が楽しめます!

和洋中の変化でめりはりをつける

わが家のメニュールーティーンは、メニューは固定してますが
和洋中のバランスが取れているので味タイプがそれぞれ異なります。

例えば、
薄味やさしい野菜スープの次は
ガツンと濃いめの野菜カレー
その次はあっさり出汁の具沢山みそ汁で和風献立。
といった風に
自然に味にめりはりをつけることができるのです。

どのメニューも具だくさんにする

わが家で作る料理は、「料理」という家事にかかる負担を限りなく減らすため
火加減の調節が必要だったり、味付けが複雑なメニューは選びません。

基本的には、
具材の切り方に神経を使わなくてよく、
洗い物など別のことをしながら弱火で放置できる、煮込み料理
が中心です。

簡単な料理だからこそ、味まで簡素にならないよう
とにかく具だくさんを心掛けています。
ひとつのメニューにだいたい10種類以上は異なる具材を使っていると思います。
そうすることで、味に深みが出て、なおかつ
自然と栄養バランスのとれた料理
になります。

いかがだったでしょうか?

わが家のメニューはあくまで一例ですが、
家族の好きなもの、人気のメニューを
上記のポイントを押さえて固定化することで
メニューに悩まなくなり、さらに家事が時短化できます!

もちろん、その固定メニューしか食べではいけない、というわけではなく、
これを基本形にして、気持ちに余裕がある時は
たまには凝った料理をしてみたり、新しい料理にチェレンジしてみるのもいいと思います!

少しでも参考になれば嬉しいです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました